韓国料理について

韓国は、昔から稲作を中心として考えられ的真下が、北部は気候が稲作に向かないため小麦とかそばなんかが作られてきたといわれています。また、トウモロコシなんかも栽培されており、穀物をおもに主要食としてきた地域も多いとされる。大陸的には南側は稲作文化がおおく北側は、穀物や、牧畜といったエリアが多く、栽培された、山菜の消費量も世界的に見ればおおいとされているため、ナムルなどの山菜料理もおおくあるのが特徴といえる。また、日本同様、海洋にも面している地域も多いので、魚介の消費もおおく魚料理もさまざまある。また、中国料理よりも、湯類がおおく唐辛子を使うのが韓国料理というイメージが定着している。唐辛子のルーツは南米であるとされるが、日本を経由して、1600年代に朝鮮にわたったとされていて、韓国料理といえば唐辛子ということを思い浮かぶことが多い。食べ物の構成は スープを中心にごはん 穀物、キムチ ナムル 他という組み合わせで韓定食の献立といわれるパンサンにある程度準拠する形となっている。食堂などでは、キムチなどは、無償提供とされており、おかずは少なめということが多い。また、調味料として、醤油、にんにく しょうが ねぎ ごま油 唐辛子をあわせた 薬味 ヤンニョムといわれるものを使用する。肉は 牛 とり、豚 や、内臓もおお使うことがおおい。また、ナムルや キムチは 家庭で一般的につけることがおおく、その家庭の好みが反映される。