100年後の韓国

さて、ここで 100年後の韓国というものを考えてみたいとおもいます。現状韓国は 南と北にわかれており停戦状態であるというのが現状です。しかしながら、この根はふかく、第二次世界大戦がのこした、負の部分であるといわざるをえません。北朝鮮については、世界で類をみない 奇妙な国として、世界から見ても特殊な国といえるのではないでしょうか。北朝鮮と韓国はルーツも同じで 言葉や文化も似た特徴があるにも関わらず、現在においても 戦争状態であるという 悲惨な関係性を保っています。この先100年の間ではたしてこの問題が解決するかはわかりませんが、一番 考えられるとすれば、北朝鮮が単独崩壊することが考えられます。世界から孤立し、独裁政権が続く以上、世界の中で完全に取り残された国のひとつであることは、残念なのですが、この国が今後 どのようにして、韓国と融合していけるのかも、考えておく必要があるでしょう。融合したからといって、よくなるわけではありません。現時のような経済格差がある以上 そいった融合は 市場経済に大きな影響をあたえることは間違いありません。ではどのようにして、融合していけばいいのでしょう。まずは 軍事政権が崩壊すれば一番いいのですが、そんな簡単なことではありません。アジアにおいてもそれは重要な位置づけとなるからです。韓国は世界レベルの技術水準を持ち合わせていますが、北朝鮮はそのレベルにはいたっていないからなのです。