韓国と未来思考

日本と韓国はしばしば、仲が悪い関係を演じることがあります。よく見受けられるのは政治の世界や、スポーツの世界が挙げられるかもしれません、とくに政治の世界においては 領土問題を抱えており、その解釈についての問題がしばしば取り上げられるのです。領土問題についても、韓国の方が実際には実効支配ということをおこなっているためn日本においては、現在のところあまり手を打つすべがないといえるかもしれません。日本の首相がそこ場所に訪れることはないでしょうが韓国では数年前に大統領が訪問し記念行事まで行っているという現状があるのです。そ言ったことについても日本としては、抗議を行う程度でしか反論ができてないという現状もあるかもしれません。また、そのほかにも戦争にまつわる考え方のちがいは大きく 韓国の学校教育が大きく関わっていることでもあり、そのあたりで日本と韓国の軋轢というものが存在するのではないでしょうか、しかし、どこまでいっても隣国には違いがなくこのままでいいということはありません相互理解に向けたお互いの歩み寄りというものはひつであるといえます。その歩み寄りが両国の完成性をよくしていく原動力になっていけばいいですよね、我々 国民がもうすこしこのようなことを真剣に考え、また、未来のために行動していく流れを造らなくてはならないのです。