韓国の行事について

韓国では旧暦をもちいることが多く 韓国の旧正月 秋夕が最大の行事であるとされています。

1446年にハングルが作られるまでは朝鮮語をあらわすための文字は存在していなかったのですが、その後漢文が正式な文字とされるようになってからはハングルの存在が下等とみなされた時代もあったようです。また、日本統治時代においては、学校でハングルがおしえられるようになり、ハングルの正書法というのもさだめられたのです、また、このときあたりから、朝鮮語の辞書も作られるようになったのです。近代て的は物事 制度 概念などを表す 漢字語が 日本語から朝鮮語に大量に入ったため政治 経済 法律 学問 科学 などの発達に大きな役割をあたえました 血縁関係については家族は 父系であり 習俗 門中といった血族集団があり 族譜をという 一族 名簿をつくっていると 同士は結婚ができず 姓が異なるものは養子にしないという原則が定められていましたが、2005年からは 結婚が可能になり、また、名前の中に一族の中の世代の順番を表す文字がつかわれているのも特徴であるといえるでしょう。韓国は日本隣国ではありますが、案外 しられいな特徴があったりするのです。それは、韓国における日本の認識にもあることでしょうし、そのあたりの相互理解というものは必要かもしれませんよね。