韓国と日本

韓国と日本の違いについてかんがえてみたいとおもいます。やはり何事も違いを理解したうえで相互理解というのは深まるからです。では、いろいろの例をあげてみましょう。まず、先生について韓国は尊敬される存在であるが、日本では、尊敬されにくくなったと言えます。この出来事については親の尊敬とにたものがあるかとおもいますが、敬うという人間本来のもってるものというのは大切にしなくてはなりません。次に夫婦の性ですが、韓国って夫婦別姓なんですよね。これだけ近い国なんですが、あんがい日本人でしってる方って少ないのではないでしょうか。また、若者に対して、日本はあまり注意しないですが、韓国は厳しく注意するときいてます。また、暦についても日本では西暦とおもに使いますが韓国においては旧暦を使うことが多いそうです。漢字については日本は漢字を基本とした文章を書きますが、韓国は基本的にはハングルであり、漢字は特別なときしか使わないそうです。車については、日本は左側通行であるが、韓国は右側通行で走ります。日本は刀文化から左側になったという説もありますが、そのあたりは良くわかりません。食事のときお茶碗をもって食べるのが日本、茶碗をおいて食べるのが韓国。でも、ビビンバとか熱くてもてるわけないといえばそれまですよね。お酒についても日本より韓国の方が強い方が多いようです。その背景には、もともと持っている体質によるものだといわれています。