韓国の焼肉

韓国では、古来より、焼肉料理が存在していたが、どちらかというと宮廷料理であったため、庶民が食べる文化ではなかったとされる。また、貴族が、屋外で食べていたという話もあり、日本のバーベキュースタイルのルーツといわれている。肉はたれに漬け込んだものを鉄の鍋で野菜と一緒に焼くとされ、すきやきっぽい料理であったといわれている。また、その当時は内臓を用いることはなく、下処理も現代とは違った方法をとっていたみたいである。日本において、韓国焼肉と一般的に呼ばれるものに、韓国の宮廷調理の調理方法を用いたもので、肉をつけだれにつけこみ、つけた肉を焼くというスタイルが本来のスタイルとされる。また、日本では、焼いた肉をつけたれにつけて食べることが多いが、これは、韓国のスタイルとは違って、日本独自のものといえる。魚に醤油をつけて食べること同じ方法で食べるほうが自然と考えたのかもしれない。韓国において、焼肉とば プルコギ、カルビ焼き サムギョプサルなんかがある。サムギョプサルは最近日本でも専門店が多く出展しており、カジュアルなスタイルとして、定着している。日本においては、ホルモン焼肉を韓国焼肉とするイメージも多いが、これは、日本で 韓国の方がはじめたとされ、韓国においては、あまり大衆的ではないとされている。